忍者ブログ
エンタメ・スポーツ情報や、話題のnewsをご紹介します。
09<<    10  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      >>11

[58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スーパーでは東国原知事のイラスト入り食材をよく見かけます。

知事として最高の知名度を誇る”そのまんま東”こと
宮崎県の東国原英夫知事(51)。

自民党からの出馬要請を受けて、
「(わたしを)次期総裁候補にするならば」という条件を
突きつけたことが話題になりました。

国政に強い関心を寄せていた東国原知事ですが、雲行きが
怪しくなってきたようです。

9日、東国原夫知事は、衆議院選挙の立候補に対して
「予想以上に逆風だ」と弱気のコメント。

疲労のためか、顔色もあまりよくなかった様子。

「(現状では)県民がすんなり快く送り出してくれることはなく、
自民党内外も逆風が強いですね」

東国原知事は、自民党から立候補するにあたり、2つの条件を挙げています。

(1)地方分権に関する全国知事会の要望を党のマニフェスト
(政権公約)に載せる

(2)自分を次期総裁候補にする。

この条件を「100%のんでもらわないと出馬はしない」と強調しましたが、
そもそも立候補自体が怪しくなっています。

世論調査によりますと、東国原知事の衆院選出馬に対して、
有権者の8割が「NO」と回答しました。

共同通信社が実施した全国緊急電話世論調査(7月3日~4日)に
よりますと、

「立候補しないほうがよい」が81.6%
「したほうがよい」の14.5%

とくに宮崎県民の反発が強いです。

知事職を途中で放り投げるのですから、当たり前ですよね。

また、自民党内からも反発の声が噴出しています。

津島派の津島雄二会長(79)は、
「地方行政と国政を担当する立場は違う」と強調。

町村派代表世話人の谷川秀善参院幹事長(75)も
「国民に政策を訴えるべきなのに人気者を擁立することだけに
こだわるのは本末転倒」と述べたそうです。

イケイケで注目を集めていた東国原知事ですが、世論の支持が
まったく得られていない現状にはガックリ。

芸能人効果も風前のともしびなのでしょうか。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090710-00000072-san-pol

PR

Copyright (C) エンタメ・スポーツのニュースブログ All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]