忍者ブログ
エンタメ・スポーツ情報や、話題のnewsをご紹介します。
04<<    05  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      >>06

[80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ビールと枝豆を買いに行ってきます。

10日より全国2例目となる裁判員裁判がさいたま地裁で
開廷していますが、今日12日の午後3時に結審します。

借金がらみのトラブルから殺人未遂の罪に問われた
埼玉県吉見町の三宅茂之被告(35)についての公判です。

焦点は、三宅被告に対しての量刑です。つまり、懲役何年に処すのか、
ということですね。

検察側は、次の点を主張しており、懲役6年を求めています。

被害者男性を出刃包丁で何度も刺しており、強い殺意を持っていた
ことは明らかだ。三宅被告は少年時代に暴走族の親衛隊長を務めており、
右翼団体に所属していたときも「危ないやつだ」という評判があった。

粗暴な性分の被告が、短絡的な動機で犯行に及んだことに注目すべきである。


これに対して弁護側は次のように主張しています。

三宅被告が被害者からひどい仕打ちを受けていた。
借金も月1割の利息という法定利息の9倍にあたっており、
法律違反である。また、三宅被告は被害者から暴力を受けており、
働く場所や自由に使えるお金も決められ、生活を拘束されていた。

しかし、三宅被告は自首している点、事件を深く反省している点、
根はまじめな人間であることを考えれば、再犯のおそれはない。
執行猶予を付けるべきだ。

ちなみに第1回裁判員裁判となった東京地裁では、殺人犯の男の
対して懲役15年(求刑16年)が言い渡されています。

今回は殺人未遂事件であり、被害者、加害者相当にそれぞれの理由が
あります。実刑になるのか、執行猶予を認めるのか。

裁判員たちがどのように判断するのか。興味深く見守りたいです。

Yahoo!ニュースURL

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090812-00000040-mai-soci
PR

Copyright (C) エンタメ・スポーツのニュースブログ All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]