忍者ブログ
エンタメ・スポーツ情報や、話題のnewsをご紹介します。
06<<    07  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      >>08

[122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


買った夜食を食べながら、
アジア大会の映像を見ています。

中国の広州で開催されているアジア大会では
不可解な判定や競技マナーの悪さなど、
さまざまな問題が取り上げられていますが、
人気競技である柔道の決勝戦でも不可解なジャッジが
行われ、大きな問題に発展しそうです。

広州アジア大会第5日に開催された、柔道女子48キロ級の
決勝戦で、福見友子は終始優勢な試合運びをキープしたにも
関わらず、不可解な旗判定で敗北を言い渡され、
銀メダルに終わってしまいました。この判定は、中国と
日本が政治的に緊張関係にあることから、政治をスポーツに
持ち込んだ極めて不快なジャッジとして、多くの日本人が
遺憾に思っているようです。

福見選手の決勝の相手は、中国の呉選手でしたが、呉選手は
3分間の延長に入っても逃げ回るだけで、延長の間だけでも
3回、呉選手を畳の上に転がしています。残念ながらポイントを
取ることはできませんでしたが、このポイントなしのジャッジ
にも、首をかしげている関係者も少なからずいるようです。

これだけ優勢に試合を進めていたにもかかわらず、旗判定では
モンゴル人主審と韓国人副主審が呉選手の白旗を挙げ、
福見選手の青旗を挙げたのはレバノン人主審一人だけでした。

この試合の結果を受けて、福見選手は「勝ってると思っていた」
と呆然としていたそうです。また、強化委員長の吉村和郎氏は、
「ああいう判定をしていたら中国自体が疑われる。
100人が見たら100人が福見の勝ち」と怒りを爆発
させているそうです。

 

PR

Copyright (C) エンタメ・スポーツのニュースブログ All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]