忍者ブログ
エンタメ・スポーツ情報や、話題のnewsをご紹介します。
01<<    02  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28      >>03

[124]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「グラディエイター」は面白かったです。

12月10日より全国公開される映画「ロビン・フッド」の
ジャパンプレミアが開催され、主演のラッセル・クロウも
来日して会場は大いに盛り上がりました。

TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催された「ロビン・フッド」の
ジャパンプレミアでは、主演のラッセル・クロウと
ケヴィン・デュランドがレッドカーペットセレモニーに
登場し、同時にクリスマスライトアップの点灯式も
行われました。

映画「ロビン・フッド」のジャパンプレミア会場には、
タレントの相田翔子、プロボクサーの内藤大助、
F1ドライバーの小林可夢偉、SDN48も登場し、集まったファンは
歓声を上げていました。とくに、SND48のメンバーたちは
当日のプレミア上映への期待について質問された時、
「ラッセル・クロウさんの肉体美が楽しみ!」とコメントし、
会場を沸かせています。

この日の主役だったラッセル・クロウは、レッドカーペットでの
インタビューで東京でのお買い物を尋ねられ、
「子どもたちへのおもちゃのお土産と、妻には茶器を
買いました」と答えていました。暴力事件をたびたび起こし、
暴れん坊として知られているラッセル・クロウですが、
今回の来日は今のところ、機嫌を損ねたことはない様子です。

映画「ロビン・フッド」について、ラッセル・クロウは
「4年もかけて作った作品なので、プロモーションツアーも
終わってしまうと思うと一抹の寂しさがあります」と
心境を告白しています。プロモーションツアーは今回の
ジャパンプレミアが最後だったこともあり、何度も寂しさを
口に出していました。

 

PR

Copyright (C) エンタメ・スポーツのニュースブログ All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]